ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

国民健康保険の加入・脱退等の手続きについて

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年2月1日更新

資格と届け出

国民健康保険は、職場の健康保険などとは違い、資格ができたり、なくなったりするたびに、各自が届け出をしなければなりません。
いつ資格ができたり、なくなったりするのか、どんなときに届け出が必要か、知っておきましょう。

◇平成28年1月からマイナンバーの利用が始まります◇
お手続きの際は下記に加えて、世帯主および被保険者のマイナンバーがわかるものが必要です。次のAとBをお持ちください。
A:世帯主および被保険者のマイナンバーがわかるもの(マイナンバーカード、マイナンバーが記載された住民票)
B:手続きに来られる方の身元を確認できるもの(マイナンバーカード、運転免許証、パスポート等)※顔写真がないものの場合は2点必要

 

資格ができる日・なくなる日

 国民健康保険の資格ができる日、資格がなくなる日は次のとおりです。

<資格ができる(加入する)日><資格がなくなる(喪失する)日>
(1)職場の健康保険などの資格がなくなった日
  (退職した日の翌日)
(2)他の市区町村から転入した日
(3)生活保護をうけなくなった日
(4)出生した日
(1)職場の健康保険などに加入した日の翌日
(2)他の市区町村へ転入した日の翌日
  ※転出・転入が同じ日の場合はその日
(3)生活保護をうけはじめた日
(4)死亡した日の翌日

 

国民健康保険加入の届け出

下記の事由に該当した日から、14日以内に届け出をしましょう。

 持っていくもの
他の市町村から転入したとき転出証明書、印鑑
勤務先の健康保険などをやめたとき、
または扶養からはずれたとき
健康保険等資格喪失証明書、印鑑
健康保険などの任意継続の期間が終了したとき健康保険等資格喪失証明書、印鑑
生活保護を受けなくなったとき保護廃止決定通知書、印鑑
子どもが生まれたとき母子健康手帳、印鑑

※同一世帯に国民健康保険被保険者がいる場合は、上記のほかに健康保険証もお持ちください。
健康保険等資格喪失証明書の様式が必要な場合は、こちらをお使いください。

資格喪失証明書 [PDFファイル/204KB] 

国民健康保険をやめる届け出

 持っていくもの
他の市町村へ転出するとき国民健康保険証、印鑑
勤務先の健康保険などに加入するとき、
または扶養に入ったとき
加入した保険の保険証(世帯全員分)、国民健康保険証、印鑑
生活保護を受給したとき保護開始決定通知書、国民健康保険証、印鑑
死亡したとき

死亡を証明するもの、国民健康保険証、印鑑

 

その他必要な届け出

 

持っていくもの

住所、世帯主、氏名などが変わったとき国民健康保険証、印鑑
就学のため、他の市町村に住むとき在学証明書、転入先での住民票、国民健康保険証、印鑑
保険証をなくした、汚したとき身分を証明するもの、国民健康保険証(汚したとき)、印鑑

~仕組みと保険証~

~限度額適用認定証~

~療養費について~

~療養給付について~

~国民健康保険税を納めなかった場合~

 


Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)