ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

仕組みと保険証について

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年2月1日更新

仕組みと保険証について

国民皆保険制度をご存じですか?これは、いざというときでも安心して医療を受けられるように、すべての人がいずれかの医療保険に加入することになっている制度です。国民健康保険(国保)も医療保険のひとつです。

国保の仕組み

国保は、加入する被保険者のみなさんが保険税を出しあい、病気やケガをしたときの医療費に充てることで、加入者の健康を支える制度です。みなさんの住んでいる宇美町が保険者になって運営しています。

被保険者

国保に加入する一人ひとりのことを被保険者といい、職場の健康保険などに加入している人と生活保護を受けている人以外は、すべて国保に加入することになります。主な被保険者は次のとおりです。
◇自営業者
◇年金生活者
◇農業・漁業従業者
◇退職などで職場の健康保険を脱退した人
◇パート・アルバイトなどで職場の健康保険などに加入していない人
※上記にあてはまるのに、いずれの医療保険にも加入していないという人は、国保医療係窓口に加入の届け出をし「国民健康保険被保険者証(保険証)」の交付を受けてください。

保険証の取り扱い

保険証を受けとったら、次のことに注意して大切に保持してください。
(1)新しく受けとったら、記載内容を確認しましょう。
(2)診察を受けるときには、必ず医療機関の窓口に提示しましょう。
(3)破損したり、汚して使えなくなったときは、申請して再交付してもらいましょう。
(4)国保を脱退するときは、国保の窓口に返却しましょう。
(5)貸し借りはできず、期限が切れたもの、コピーしたものは使えません。

※保険証は、1人に1枚交付されます。