ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

(7)粗大ごみ

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年6月1日更新

 粗大ごみの出し方について説明します。

【注意】事業所の大型ごみには、粗大ごみとして出せないものがあります。環境課にお問い合わせください。

予約による戸別収集です!

  1. お住まいの行政区担当の収集業者に電話またはFaxでお申し込みください。そのとき、次の4つの項目をお伝えください。
    • 住所
    • 氏名
    • 電話番号(またはFax番号)
    • 粗大ごみの品目と個数
  2. 業者から、粗大ごみの収集日時をお知らせします。
  3. 粗大ごみの大きさに応じて必要な枚数の「粗大ごみシール」を貼り、指定された収集日時までにごみ置き場に出してください。順次収集されます。

各行政区担当の粗大ごみ収集業者

 お住まいの行政区担当の収集業者を確認できます。

※各業者とも、電話の受付日時は平日8時30分から17時15分までです。

行政区別粗大ごみ収集業者
行政区収集業者
黒穂・柳原・桜原・福博中央・上の原・障子岳・三原・神山手

大場清掃
Tel 092-933-4045
Fax 092-933-4046

とびたけ1・飛岳2・飛岳3
宇美東・福博鎌倉・林崎・浦田・山ノ内
炭焼3・原田下・原田中央・四王寺坂1・四王寺坂2・四王寺坂3
辻荒木・井野・平成・ひばりが丘1・ひばりが丘2・ひばりが丘3三上清掃
Tel 092-933-7886
Fax 092-933-8034
上宇美2・上宇美本通り・上河原・馬場・下宇美
早見・上宇美1・大名坂
鎌倉・新成・原田上・明治町・仲山・四王寺・炭焼1・炭焼2・炭焼4・大谷・末広・貴船

お盆と年末年始はごみ収集を休みます

 お盆(8月13日~8月15日)と年末年始(12月31日~1月3日)は、ごみ収集をお休みします。

粗大ごみシールは1枚500円です。

粗大ごみシール販売店についてはこちらをご確認ください。(宇美町の別のページにジャンプします。)

「販売店一覧」で、星印(★)のついたお店で購入することができます。

粗大ごみに出せるものや貼るシールの枚数のめやす

粗大ごみシール枚数目安表(50音表) [PDFファイル/83KB]

大人が1人で運べる程度またはすべての辺が1メートル未満のもの:粗大ごみシール1枚

  • 電気器具類:各辺が1メートル未満の、ステレオ・卓上式ミシン・ストーブ・ファンヒーター・空気清浄器・除湿器・照明器具・電子レンジ など
  • 家具・寝具類:各辺が1メートル未満の、たんす・サイドボード・机・テーブル・こたつ台・鏡台・テレビ台・1人用のソファや椅子・ベビーベッド など
    ほか、ベビーカー、チャイルドシート、6畳未満の敷物、布団(※)、物干し竿 など
    ※布団は、ひとりでもてる重さの枚数を、ひもで十字に縛ればひとかたまりとして出すことができます。
  • 趣味用品:ゴルフ用品、スキー用品、自転車 など

大人が2人で運べる程度またはどこか1辺が1メートル以上のもの:粗大ごみシール2枚

  • 電気器具類:各辺が1メートル以上の、ステレオ・卓上式以外のミシン
  • 家具・寝具類:各辺が1メートル以上の、たんす・サイドボード・机・テーブル・こたつ台・鏡台・テレビ台・2人用のソファや椅子・ベッド など
    ほか、6畳以上の敷物 など
  • 趣味用品:ランニングマシーン など

粗大ごみや剪定枝がたくさんあるときは環境課にお問い合わせください

 粗大ごみをいくつも出したいようなときや、剪定枝などが多量にあるときなどは、軽トラック1台(最大積載量350kg)の荷台に載る量や大きさであれば、それぞれまとめて粗大ごみシール10枚(5,000円分)で収集することもできます。

 詳しくは環境課にお問い合わせください。

粗大ごみとして出せないもの

家電リサイクル法対象品目とその処分方法について

対象品目

エアコン、テレビ(ブラウン管・薄型)、冷蔵庫、冷凍庫、洗濯機、衣類乾燥機

処分方法:次のいずれかの方法で処分してください。

  1. 購入店に引き取ってもらう。
  2. 販売店に引き取ってもらう。
  3. (株)ベストサービス福岡営業所(Tel 092-651-9161)に相談して引き取り先を紹介してもらう。

パソコンリサイクル対象品目とその処分方法について

対象品目

パソコン(デスクトップ型・ノート型)、モニター(ブラウン管・液晶)

処分方法:次のいずれかの方法で処分してください。

  1. パソコンのメーカーに回収を申し込む。
  2. 製造業者が不明なものや自作のパソコンはパソコン3R推進センター(Tel 03-5282-7685)に連絡し依頼して引き取ってもらう。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)