ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

(1)もえるごみ

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年12月20日更新

 もえるごみの出し方や分け方について説明します。

宇美町指定のごみ袋に入れてください

指定ごみ袋販売店についてはこちらをご確認ください。(宇美町の別のページにジャンプします。)

家庭ごみは、ピンク色の指定袋に入れてください

 家庭で出たもえるごみは、ピンク色で不透明なポリ袋に、黒字で「もえるごみ」と書かれた、家庭ごみ用指定袋に入れてください。

事業所ごみは、白色の指定袋に入れてください

 事業所で出たごみのうち、一般廃棄物については宇美町で処理することができます。
ただし、事前に申請が必要です。詳細はこちらをご確認ください。(宇美町の別のページにジャンプします。)

 事業所で出たもえるごみは、白色で不透明なポリ袋に、黒字で「もえるごみ」と書かれた、事業所ごみ用指定袋に入れてください。

毎週2回、夜9時から収集します

 もえるごみは毎週2回収集します。収集日は行政区によって異なりますので、下表をご確認ください。

夜の9時から収集しますので、必ず夜9時までにはごみを出してください。遅れると収集できません。

行政区別もえるごみの収集日
行政区収集日(毎週2回)
黒穂・柳原・桜原・福博中央・上の原・障子岳・三原・神山手毎週 日曜日・水曜日
とびたけ1・飛岳2・飛岳3毎週 月曜日・木曜日
宇美東・福博鎌倉・林崎・浦田・山ノ内毎週 月曜日・木曜日
炭焼3・原田下・原田中央・四王寺坂1・四王寺坂2・四王寺坂3毎週 火曜日・金曜日
辻荒木・井野・平成・ひばりが丘1・ひばりが丘2・ひばりが丘3毎週 日曜日・水曜日
上宇美2・上宇美本通り・上河原・馬場・下宇美毎週 月曜日・木曜日
早見・上宇美1・大名坂毎週 月曜日・木曜日
鎌倉・新成・原田上・明治町・仲山・四王寺・炭焼1・炭焼2・炭焼4・大谷・末広・貴船毎週 火曜日・金曜日

 月別ごみの収集日一覧表はこちらをご参考ください。(宇美町の別のページにジャンプします。)

お盆と年末年始はごみ収集を休みます

お盆(8月13日~8月15日)と年末年始(12月31日~1月3日)は、ごみ収集をお休みします。

出せるもの

五十音順ごみの分け方と出し方一覧表はこちらで確認できます。(宇美町の別のページにジャンプします。)

もえるごみに出せるものの例

もえるごみに出せるもの

  • 台所ごみ:野菜くず、残飯、お茶がら、卵のから、貝がら
  • ゴム類:ゴムホース、ゴム手袋、ゴムマット、ゴムの長靴など
  • 紙類:汚れた紙くず・布くず、木くず、ティッシュペーパー、リサイクルできない紙類、紙おむつ(※大便はトイレに流してください)
  • プラスチック類:カセットテープ、ビデオテープ、洗面器、コップ、ハンガー、おもちゃ、弁当箱、文房具、歯ブラシ、バケツ、ストロー、マヨネーズ・ケチャップ・わさびなどのチューブ、ポリタンク
  • その他:使い捨てカイロ、ぬいぐるみ、保冷剤、靴、レコード盤、アイスノン、クリーニングのビニール袋、枕、座布団、毛糸のセーター

お問い合わせの多いもの、間違いやすいもの

次のようなものは、もえるごみとして出してください。

  • 乾燥剤(水を含むと発熱・発火するものもあるので、水分に触れないようレジ袋などに入れてください)
  • 座布団
  • 使い捨てカイロ
  • 容器や包装ではなく、プラマークプラマークのついていないプラスチック製品
  • 灯油のポリタンク(指定袋1枚に入りきれなければ、粗大ごみです。)
  • 花火(水でよく湿らせてください)
  • 布団(指定袋1枚に入りきらなければ、粗大ごみです。)

次のようなものは、それぞれ資源ごみとして出してください。

  • 牛乳パック…古紙・古布類
  • 雑誌…古紙・古布類
  • ペットボトルのふた…容器包装プラスチック
  • ペットボトルのラベル…容器包装プラスチック
  • 毛布…古紙・古布類

注意点

  • 生ごみは十分に水を切って乾かしてください。
  • 食用廃油は、固めたり、紙くずや布くずに染み込ませたりしてください。
  • 剪定した枝などは、袋に入る大きさに切ってください。※多量にある場合は環境課にお問い合わせください。
  • 刈ったり引き抜いたりした雑草は、土を落としてよく乾燥させてください。
  • 旧指定袋であるオレンジ色のもえるごみ袋は、現在もえるごみを出すときには利用できません。ただし、ご家庭で資源ごみやもえないごみを出すときには今でも利用することができます。

オトクです! そのごみ、資源化できませんか?

ごみ袋代の節約につながります

 普段何気なくもえるごみに出しているものでも、実は資源として活用できるものが意外にたくさんあります。
例えば、お菓子の紙箱は古紙・古布類、パンの包みは容器包装プラスチックです。

 もえるごみの家庭用指定袋(10枚入り)は、ミニが180円、中サイズが300円、大サイズで500円で販売されています。
一方、資源ごみの家庭用指定袋(10枚入り)は、小サイズが100円、大サイズでも150円です。
 また、古紙・古布類には指定袋がないので、紙袋やレジ袋に入れたり、ひもで十字にしばったりするだけでかまいません。

 つまり、今までもえるごみに出していた資源を、資源ごみに出すだけで、ごみ袋代を節約することができます!

宇美町のお金の節約にもつながります

 もえるごみに混じったこれらのごみを資源ごみに出していただければ、処理費が高いもえるごみを減らすことができます。
 また、資源ごみから得られる資源(例:プラスチック・紙など)を売却することで、資源ごみの処理費を減らすことにもつながります。

あなたも、もえるごみの資源化にご協力ください!