ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ組織で探す環境農林課注射針・点滴針は医療機関に返却しましょう

注射針・点滴針は医療機関に返却しましょう

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年12月20日更新

 在宅医療が普及するにつれて、家庭での注射器や点滴の利用が増えています。
それに伴い、ごみに混じった注射針や点滴針といった「在宅医療廃棄物」によって、作業員がけがをする事例が全国的に多発しています。
在宅医療廃棄物の中でも血液を含む可能性のある注射針や点滴針は、他者への感染の可能性があるため、その取扱いには特に注意が必要です。

注射針や点滴針は、処方された医療機関に返却してくださいますようお願いいたします。 

在宅医療廃棄物とは?

在宅医療廃棄物とは、次のようなものを指します。

  • 医師や看護師が患者宅を訪問して行う往診や訪問診療、訪問看護に伴って発生する医療廃棄物
  • 医師の指導に基づき、患者やその家族が行う在宅医療に伴って発生する医療廃棄物

例:注射針、点滴針、注射筒、輸液バッグ、点滴バッグ、チューブ、カテーテル、ガーゼ、紙おむつ、薬品びんなど

 在宅医療廃棄物は、必ずしも他者への感染を引き起こすものではありません。
廃棄物に付着した血液が他者の体内に一定量入り込んだ場合に、感染の可能性があると考えられています。
具体例としては、注射針や点滴針といった血液が溜まった鋭利なものに他者が誤って刺された場合が挙げられます。
よって、鋭利でない在宅医療系廃棄物による感染の可能性は、家庭でよくごみに出る、血液が付着した絆創膏やティッシュなどと同程度だと考えられています。

在宅医療は、今の私たちの社会に欠かせないものです。
必要以上におそれることなく、ひとりひとりが正しい認識を持つようにしましょう。

在宅医療廃棄物の詳細についてはこちらのページをご覧ください。(宇美町の別ページにジャンプします。)