ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ組織で探す環境農林課イノシシに関する注意について

イノシシに関する注意について

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年12月28日更新

イノシシは本来、臆病でおとなしい動物です。イノシシが人に出会ったとしてもイノシシの方から逃げますが、興奮していたり、発情期(秋~冬)や子供を産んだ後で攻撃的になっていたり、至近距離で突然遭遇してしまった場合には注意が必要です。

イノシシと出会った場合は次のことに注意してください。

 

近づかない

イノシシに遭遇したら、静かにその場を離れるようにしましょう。

急に走り出すとイノシシが興奮して危険です。

なるべく背中をみせないよう、ゆっくりと後退するようにしましょう。

たてがみを逆立てて、明らかに威嚇している状態でなくても、シュー、カッカッカッ

クチャクチャクチャという音をイノシシが発していたら、威嚇している場合がありますのでご注意ください。

 

刺激しない

棒を振り上げたり、石を投げたりしてイノシシを挑発するのは大変危険です。

興奮したイノシシが向かってくることもあります。

イノシシ1

餌を与えない

 

ウリ坊(イノシシの子)を見かけても、近くに親イノシシがいる可能性が高いので、近づいたり追いかけたりしてはいけません。

また、かわいいからと食べ物を与えることはしないでください。

人への警戒心を低下させ、人が食べ物を与えてくれると学習させることにつながります。

イノシシ2

『イノシシと出会ったらその場を離れるのが一番ですが、人間がいる方向に逃げ場

所が限られる場合などには接近してくることがあります。接近が避けられない場合は、イノシシに逃げ道を明け渡しつつ、安全な場所に緊急避難しましょう。』

イノシシ3