ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ組織で探す環境農林課福岡県荒廃森林整備事業による森林の整備(間伐)について

福岡県荒廃森林整備事業による森林の整備(間伐)について

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年11月17日更新

 平成20年度より10年間福岡県荒廃森林再生事業(15年以上管理できていない森林の間伐)を実施し、宇美町では約155haの森林を整備してきました。

 しかしながら、荒廃した森林全体の整備までには至っておらず、今後さらに荒廃した森林が増えてくることが予想されるため、平成30年度よりさらに10年間の事業延長期間を設けることとなりました。

 そこで、事業内容について下記のとおり、お知らせいたします。

 

対象森林

・概ね15年以上施業がされていない森林

・平成39年度までに公益的機能が低下する恐れのある森林

・スギまたはヒノキ林

・1施工地が0.05ha以上

 

協定

森林所有者と宇美町とで協定を締結

 

事業主体

宇美町

 

交付率

100%(森林所有者の手出しはありません)

 

主な事業内容

・強度間伐(新たな事業)

・協定期間:5年間(~20年間)

・対象森林が保安林でない場合は新たに保安林指定します。

 なお、協定期間中に転用等を行うと違約金が発生します。

 

森林の整備に関する参考写真はこちら → 事業参考写真 [PDFファイル/134KB]

 

事業の詳細については、農林振興課までお問合せください。


Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)