ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ組織で探す健康福祉課7月は「社会を明るくする運動」強調月間です。

7月は「社会を明るくする運動」強調月間です。

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年7月1日更新
「社会」を明るくする運動は、すべての国民が、犯罪や非行の防止と罪を犯した人たちの更生について理解を深め、それぞれの立場において力を合わせ、犯罪や非行のない明るい社会を築こうとする全国的な運動です。
 6月28日に、糟屋保護区保護司会宇美支部の青木会長により、菅内閣総理大臣と服部福岡県知事の運動メッセージが木原町長に伝達されました。
 また、7月1日の朝に、JR宇美駅前にて、宇美町議会議員と宇美町人権教育推進協議会と共に「薬物乱用防止」「人権問題」も併せて街頭啓発を行いました。
 強調月間中には役場庁舎、宇美駅、中央公民館、3中学校にのぼり旗や横断幕を設置しています。
 犯罪や非行が生まれるのは地域社会であり、また罪を犯した人や非行をした少年の更生を促す場も地域社会にほかなりません。そして、その更生を実効あるものとするためには、本人の意欲と併せ、本人を取り巻く地域社会の理解と協力が不可欠です。
 住民の皆さんが、地域環境の浄化に心がけるとともに、罪を犯した人たちや非行をした少年の立ち直りを温かい目で見守りつつ、援助の手をさしのべ、明るい社会を作りましょう。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)