ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ組織で探す総務課原爆死没者の慰霊及び平和祈念の黙とうについて

原爆死没者の慰霊及び平和祈念の黙とうについて

印刷用ページを表示する 掲載日:2022年8月4日更新
 今から77年前の昭和20年8月6日に広島市に、同年8月9日に長崎市に原子爆弾が投下されました。被爆77周年を迎えるに当たり、広島市、長崎市では、原爆投下日に原爆死没者の慰霊及び平和祈念の式典が行われ、原爆が投下された時刻に、原爆死没者の冥福と世界恒久平和の実現を祈念するため、1分間の黙とうが捧げられます。
 また、8月15日は、先の大戦において亡くなられた方々を追悼し、平和を祈念する「戦没者を追悼し平和を祈念する日」です。

 宇美町では、原爆死没者の冥福と世界恒久平和の実現を祈念するため、下記の日時に1分間の黙とうを捧げます。町民のみなさまにおかれましても、それぞれの家庭や職場において、黙とうをお願いします。

黙とう日時

 ○広島  令和4年8月6日(土曜日) 午前8時15分 
 
 ○長崎  令和4年8月9日(火曜日) 午前11時2分

 ○戦没者を追悼し平和を祈念する日 令和4年8月15日(月曜日) 正午


 上記時刻に、防災無線による鐘・サイレンの吹鳴を行いますので、ご家庭または職場において1分間の黙とうを捧げましょう。