ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

トップページ宇美町立小・中学校児童生徒の自殺予防に係る取組について

児童生徒の自殺予防に係る取組について

印刷用ページを表示する 掲載日:2023年7月12日更新

 警察庁・厚生労働省の自殺統計によると,令和4年の児童生徒の自殺者数は514人と過去最多となり,大変憂慮すべき状況にあります。
 また,令和5年の児童生徒の自殺者数は,1月から5月までの暫定値で164人という状況にあります。
 さらに,18歳以下の自殺は,学校の長期休業明けにかけて増加する傾向があり,9月1日に児童生徒の自殺者が顕著に多い年もあり,これらの時期にかけて,学校と保護者,地域,関係機関等とが連携しつつ,児童生徒の尊い命を救うため,自殺予防の取組に全力で取り組んでいく必要があります。
 宇美町内の各小中学校においては,児童生徒に対して,アンケート調査や教育相談等を実施し,悩みや困難を抱える児童生徒の把握を行うとともに,命を大切にする教育を進めています。
 保護者の皆様方におかれましては,別添の資料等を参考にしていただき,長期休業期間中の家庭におけるお子さまの見守りをお願いいたします。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)