ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ組織で探す環境課平成30年度からの合併処理浄化槽設置事業補助金制度について

平成30年度からの合併処理浄化槽設置事業補助金制度について

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年12月11日更新

 この制度は、生活排水による公共水域の水質汚濁を防止するため合併処理浄化槽設置費の一部を設置する方に予算の範囲内で補助するものです。 ただし、次の項目に該当する方に対して補助金は交付できません。

  1. 浄化槽法(昭和58年法律第43号)第5条第1項に基づく届出の審査または建築基準法(昭和25年法律第201号)第6条第1項に基づく確認を受けずに、合併処理浄化槽を設置する者
  2. 専用住宅等を借りている者で、賃貸人の承認が得られない者
  3. 販売の目的で合併処理浄化槽付き専用住宅等を建築(改築を含む。)する者
  4. 宇美町合併処理浄化槽の普及に関する条例(平成元年条例第9号)に反する者 
  5. 宇美町暴力団排除条例(平成22年宇美町条例第5号)第2条第2号に規定する暴力団員又はその者と密接な関係を有する者
  6. 本町の町税等を滞納している者

受付期間

 4月から11月まで。 ただし、予算に達し次第締め切ります。

 ※浄化槽設置工事の着工前に申請してください。着工後の申請は補助の対象になりません。

 ※2月末頃までに竣工し、実績報告書の提出ができるものに限ります。

補助対象地域

 公共下水道の事業計画に係る予定処理区域以外とします。ただし、下水道事業等で実施することが困難な地域についても対象となる区域がありますので環境課で確認してください。

※平成30年度から、困難な地域については、くみとり又は単独浄化槽から合併浄化槽への転換についてのみ対象となります。

補助対象浄化槽

 生物化学的酸素要求量(以下「BOD」という。)除去率95%以上放流水のBOD10mg/リットル(日間平均値)以下の機能を有し、かつ町長が指定したものとします。

補助金の額及び人槽算定基準

人槽区分

放流水(BOD)

補助金額

困難な地域

(平成30年度から)

5人槽

10ppm以下

342,000円

171,000円

6人槽

10ppm以下

414,000円

207,000円

7人槽

10ppm以下

414,000円

207,000円

8人槽

10ppm以下

537,000円

268,000円

10人槽

10ppm以下

537,000円

268,000円
 

    5人槽:延床面積130平方メートル以下の住宅

    7人槽:延床面積130平方メートルを超える住宅

    10人槽:台所及び浴槽が2箇所以上ある住宅(2世帯・大家族住宅)

    ※専用住宅以外の人槽算定方法は、宗像・遠賀保健福祉環境事務所地域環境課(0940-36-2475)にお尋ねください。 

    浄化槽は維持管理が大切です

    浄化槽の絵

    浄化槽の維持管理及び法定検査は、浄化槽法により義務付けられています。

    必ず指定の浄化槽維持管理業者と契約を行ってください。適切な管理を行わないと、浄化槽の機能が低下し、悪臭や水質低下を招きます。