ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

国民年金保険料の後納制度が変わりました

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年12月20日更新

後納制度が変わりました!

 年金制度が改正され、後納制度を利用できる期間が過去10年から5年に変わりました。平成27年10月から平成30年9月までの3年間に限り、国民年金保険料を納めることができます。
 この制度を利用することにより、将来受け取る年金額が増加したり、年金の受給資格が得られたりする可能性があります。

後納制度をご利用になれる方

  • 20歳以上60歳未満で、過去5年以内に納め忘れの期間または、未加入期間がある方
  • 60歳以上65歳未満の方で、過去5年以内に納め忘れの期間または、未加入期間がある方や、任意加入中に納め忘れの期間がある方
  • 65歳以上で、年金受給資格がなく、任意加入中の方など
    ※いずれも老齢基礎年金を受給されている方は、お申し込みになれません(繰り上げ請求も含む)。

後納できる保険料

後納制度をご利用いただく場合は、当時の国民年金保険料の額に政令で定められた額が加算されますのでご注意ください。
詳しくは、年金事務所のホームページでご確認ください。(日本年金機構ホームページ<外部リンク>)
※この加算額は毎年度改定されます。

お申し込みいただく場合の注意点

  • 後納制度をご利用いただく場合は後納が可能な期間のうち、最も古い分から納付していただきます。
  • 一部免除(4分の3、半額、4分の1免除)が承認された上で2年が経過して未納になっている月も後納制度はご利用できます。ただし、その場合一部免除は適用されず、当時の1か月分の保険料をお支払いしていただく事になりますのでご注意ください。詳しい額は、上記リンク先の保険料一覧表と同じ額になります。
  • 過去10年以内の全額免除、一部免除(一部納付済)、若年者納付猶予及び学生納付特例の承認を受けている期間の納付を希望される方は、 この後納制度ではなく、「追納制度」をご利用ください。(日本年金機構ホームページ<外部リンク>)
  • お申し込み等については、お近くの年金事務所にお問い合わせください。年金事務所で受付後、納付が可能な期間について審査が行われますが、お時間がかかる場合がありますので余裕を持ってお申し込みください。
  • 後納制度をご利用になる場合でも、毎月の国民年金保険料のお支払いは、通常どおり翌月末が納期限となります。納期限内に納めない場合、障害基礎年金や遺族基礎年金を受給できなくなることがありますので、期限内にお支払いください。

詳しくは、年金加入者ダイヤルまたは、お近くの年金事務所にお問い合わせください。

お問い合わせ先
年金加入者ダイヤル 0570-003-004
東福岡年金事務所 092-651-7129