ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

国保の加入・脱退等の手続きについて

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年7月18日更新

国保に加入するとき

 職場の健康保険等に加入している方、後期高齢者医療制度に該当している方、生活保護を受けている方を除いて、宇美町に住んでいる方は、すべて国民健康保険の加入者になります。下記の表の事由が生じたときには14日以内に届出をしてください。

国保に加入するときに必要なもの
 

                                            必要なもの
※なお、平成28年1月からは、下記のものに加え、世帯主及び加入者のマイナンバーのわかるもの(個人番号カード、通知カードなど)、手続きに来られる方の身元確認ができるもの(個人番号カード、運転免許証、パスポートなど)が共通して必要になりますので、ご注意ください。

転入した時 

・印鑑
・国民健康保険証 (転入先の世帯にすでに宇美町国民健康保険に加入している人がいる場合)
    

退職した時

扶養から外れた時      

・印鑑
・健康保険資格喪失証明書
 資格喪失証明書 [PDFファイル/204KB]
国民健康保険証 (同じ世帯にすでに宇美町国民健康保険に加入している人がいる場合)

任意継続制度会社を退職された場合、今まで使っていた社会保険を継続できる場合があります。詳しくはお勤めされていた会社にお尋ねください。

任意継続が切れた時

・印鑑
・任意継続保険資格喪失証明書
・国民健康保険証 (同じ世帯にすでに宇美町国民健康保険に加入している人がいる場合)

子どもが生まれた時

・印鑑
・国民健康保険証

※《出産育児一時金》 
 国民健康保険に加入している方が出産された場合、出産育児一時金が支給されます。
  ・世帯主名義の通帳
  ・出産費用額明細書

 

 国保を喪失するとき

 職場の健康保険に加入したときなど、国民健康保険をやめる事由が生じたときは14日以内に届出をしてください。届出をしないと、引き続き保険税が請求されてしまいます。また、職場の健康保険加入後に国民健康保険証を使って医療機関で受診してしまうと、国保で負担した医療費をお返しいただくことになりますのでご注意ください。

国保を喪失するときに必要なもの
 

                                                                                                 必要なもの
※なお、平成28年1月からは、下記のものに加え、世帯主及び加入者のマイナンバーのわかるもの(個人番号カード、通知カードなど)、手続きに来られる方の身元確認ができるもの(個人番号カード、運転免許証、パスポートなど)が共通して必要になりますので、ご注意ください。

転出する時                 

・印鑑
・国民健康保険証

職場の健康保険に加入した時

健康保険の被扶養者になった時        

・印鑑
・国民健康保険証
・職場の健康保険証

死亡した時

・印鑑
・国民健康保険証

※《葬祭費》 国民健康保険の被保険者が亡くなられた場合、葬儀を行った方(喪主)に対して葬祭費が支給されます。
    ・喪主の方名義の通帳

 

その他のお手続きが必要なとき

加入、喪失手続きの他、下記の事由が生じたときには届出をしてください。

その他の手続きに必要なもの
 

                                                                                              必要なもの
※なお、平成28年1月からは、下記のものに加え、世帯主及び加入者のマイナンバーのわかるもの(個人番号カード、通知カードなど)、手続きに来られる方の身元確認ができるもの(個人番号カード、運転免許証、パスポートなど)が共通して必要になりますので、ご注意ください。

町内転居した時 

・印鑑
・国民健康保険証 (転居先の世帯にすでに宇美町国民健康保険に加入している人がいる場合は、転居先の国民健康保険証も一緒にお持ち下さい。)           

修学のため町外に転出している時        

・印鑑
・在学証明書または学生証
・国民健康保険証

保険証をなくした時(再交付)

・印鑑
・身分証明書(運転免許証・パスポートなど顔写真があるもの)

※お持ちでない場合は、国民健康保険税納税通知書や高齢受給者証をお持ち下さい。

世帯主が変更になった時

氏名が変わった時

その他記載事項に変更があった時

・印鑑
・国民健康保険証                                      

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)