ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ分類でさがすくらしの情報新型コロナウイルス新型コロナウイルス宇美町新型コロナワクチン接種について(10月12日公表)

宇美町新型コロナワクチン接種について(10月12日公表)

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年10月12日更新

1 接種の進捗状況

人口(人)接種済(1回目)接種率(%)接種済(2回目)接種率(%)

10月11日(月曜日)現在

33,436人

(町の12歳以上の対象者)

26,877人80.4%22,515人67.3%

日本国内の接種人数

全人口に占める割合(10/12公表)

 

93,651,522人

 

73.9%82,049,243人64.8%

10,857人

(町の対象高齢者)

10,141人93.4%10,003人92.1%

全国65歳以上の高齢者

接種した人の割合(10/12公表)

32,547,821人91.0%32,125,983人89.8%

22,579人

(町の高齢者以外の対象者)

16,736人74.1%12,512人55.4%

(年代別接種率) 

年代(9/10現在の対象者数)1回目2回目
10月11日(月曜日)現在
60歳~64歳(2,415人)91.5%88.4%
50歳~59歳(4,256人)82.4%74.5%
40歳~49歳(5,341人)77.5%58.3%
30歳~39歳(4,126人)70.7%48.7%
20歳~29歳(3,433人)61.3%40.4%
12歳~19歳(3,008人)64.1%24.3%
12歳以上の外国人(466人)80.0%50.9%
全町民(R3.1.1 37,345人)に占める割合72.0%60.3%

2 ワクチンの供給状況

日付箱数到着時期


10月11日(月)現在の状況(宇美町役場到着(予定)分のみ) 

 

 ※7月(第9便と第10便)に極端に供給量が落ち込みましたが、8月(第11便と第12便)に少し回復し、9月(第13便)以降、希望量が配送されるようになりました。 

第8便(7月1日)まで

17箱(19,500回分)

7月1日まで

第9便

1箱(1,170回分)

7月12日
第10便

2箱(2,340回分)

7月30日

第11便

3箱(3,510回分)

8月12日

第12便

2箱(2,340回分)8月27日

第13便

3箱(3,510回分)9月7日

第14便

4箱(4,680回分)

9月15日

第14-2便

2箱(2,340回分)9月22日

第15便

5箱(5,850回分)10月7日

第15-2便

1箱(1,170回分)10月7日

3 予約方法 

(1)Web(24時間対応。ご家族などの代行でも可)

(2)Line (24時間対応。ご家族などの代行でも可)  

(3)町コールセンター(電話番号 050-3201-0368)  

   受付時間:9時~17時(平日、土日・祝日も実施)

※医療機関、役場、接種会場での予約はできません。

※2回目の予約は1回目の接種が完了した翌日以降に上記の3つの方法のいずれかで行っていただきます。 

※手話通訳が必要な方は、宇美町役場健康福祉課窓口(平日 8時30分~17時15分)までご相談ください。

4 接種場所

(1)身近な病院・診療所などで行う「個別接種」  

 ※岡部病院会場を除いて、1回目の予約は10月15日(金)~17日(日)で受付を終了します。

 

医療機関名時間帯

12~15歳の接種

個別接種実施医療機関
いりえ小児科午前---接種可能
(同伴必須)
午後-------
おかべ小児科クリニック午前--接種可能
(同伴必須)
午後---
岡部病院午前--接種可能
(原則同伴だが、予診票への保護者同意自署と緊急連絡先記載があれば同伴でなくてもよい)
午後--
おがわクリニック午前-------接種可能
(原則同伴だが、予診票への保護者同意自署と緊急連絡先記載があれば同伴でなくてもよい)
午後---
加来循環器科内科医院午前-------接種不可
午後---
粕屋南病院午前--接種可能
(同伴必須)
午後--
神武医院午前-----接種可能
(同伴必須)
午後-------
こやま内科クリニック午前-接種不可
午後---
中川整形外科クリニック午前-接種可能
(原則同伴だが、予診票への保護者同意自署と緊急連絡先記載があれば同伴でなくてもよい)
午後---
中西内科クリニック午前--接種可能
(同伴必須)
午後---
まえだ脳神経外科午前-------接種可能
(原則同伴だが、予診票への保護者同意自署と緊急連絡先記載があれば同伴でなくてもよい)
午後-

-

※「○」接種可能日、「-」接種不可日(10月11日現在) ※各病院での予約はできませんので、ご注意ください。

※祝日は、接種を実施されない医療機関がほとんどですが、接種をされる医療機関もあります。
  祝日に毎回接種を行われているわけではありませんので、予約システム内のカレンダーでご確認ください。

(2)町が設置する特設会場で行う「集団接種」 ※11月6日(土)で終了します。

(1)住民福祉センター(宇美町平和1-1-1)  ※5/15(土)~高速大名行列方式、8/5(木)~クリニック方式に変更
 (駐車場は、図書館横立体駐車場または河川敷をご利用ください。)

(2)南町民センター(宇美町ゆりが丘1-3-1) ※6/2(水)~クリニック方式

※12~15歳の方の予約をされる場合は、当日、保護者同伴が必須になります。また、接種できない日時ありますので、あらかじめご注意ください。

(3)入院、入所中の施設等で行う「施設接種」   

5月11日(火)から町内の高齢者等施設(11施設)の巡回接種(計30回)を町が行ってきましたが、高齢者及び施設従事者の2回接種を7月20日(火)(対象者 538人)に、64歳以下の入所者(対象者 120人)の2回接種を9月17日(金)に完了しました。

5 接種費用

無料(全額公費)

6 接種回数と接種間隔

2回の接種が必要になります。

ファイザー社のワクチンでは、2回目は1回目の接種から21日目以降となります。

標準の接種間隔(1回目接種から3週間後)超えた場合の効果は、十分に検証されていませんが、WHO、米国や、EUの一部の国では、3週間を超えた場合でも、1回目から6週間後までに2回目を接種することを目安として示していますので、こうした目安も参考になると考えられます。(厚生労働省新型コロナワクチンQ&Aより引用)

7 接種までの流れ

次の(1)~(4)の流れで接種を受けていただきます。 

(1)接種券が届く。

(2)1回目の予約を行う。
(方法は3つ。Web、Line、町コールセンターへの電話予約) 

(3)予約した日時に接種を受ける。

(4)接種した翌日以降に2回目の予約を行う。
(方法は3つ。Web、Line、町コールセンターへの電話予約)  

(接種当日必要なもの)

(1) 宇美町から発送される「接種券

※接種券は2回分が1枚になっています。 毎回、切りはなさず台紙ごと持ってきてください。

(2) 本人確認書類

※健康保険証、介護保険証、運転免許証、マイナンバーカードなど住所、氏名、生年月日が確認できるものを1つお持ちください。

(3) 接種券に同封されている「予診票」(1回目分)

※予診票は会場で記入するのではなく、できるだけ事前にご記入いただくとスムーズに接種を受けられます。

※2回目接種の予診票は、1回目接種後にお渡しします。

※治療・投薬を受けている方は、医師にこのワクチンの接種を受けてよいか、あらかじめ確認してください。

8 接種を受ける際の同意

新型コロナウイルス感染症のワクチン接種は、強制ではありません。

しっかり情報提供を行った上で、接種を受ける方の同意がある場合に限り接種が行われます。

予防接種を受ける人には、予防接種による感染症予防の効果と副反応のリスクの双方について理解したうえで、自らの意志で接種を受けていただきます。受ける人の同意なく、接種が行われることはありません。

9 副反応について

ワクチン接種後に接種部位の痛みや頭痛、倦怠感等がみられたことが発表されています。接種にあたってご心配の方は、あらかじめかかりつけの先生にご相談されることをおすすめします。

また、首相官邸ホームページ<外部リンク><外部リンク>や厚生労働省ホームページ<外部リンク><外部リンク>には副反応についての詳しい内容が掲載されていますので、そちらをご覧ください。

福岡県や厚生労働省コールセンターも設置されていますのでお尋ねください。

(福岡県)

新型コロナウイルスワクチン専用ダイヤル<外部リンク><外部リンク>(薬剤師が対応いたします。)

電話番号:0570-072972(受付時間:24時間、土日、祝日も実施) 

※通話料がかかります。※かけ放題対象外です。

(厚生労働省) 

新型コロナワクチンコールセンター<外部リンク><外部リンク>

電話番号:0120ー761ー770(受付時間:9時~21時、土日、祝日も実施)

手話通訳が必要な方は、一般財団法人全日本ろうあ連盟ホームページ<外部リンク><外部リンク>をご覧ください。

10 接種後の健康被害救済制度

一般的に、ワクチン接種では、副反応による健康被害(病気になったり障害が残ったりすること)が、極めて稀ではあるものの、なくすことができないことから、救済制度が設けられています。
 

救済制度では、予防接種によって健康被害が生じ、医療機関での治療が必要になったり、障害が残ったりした場合に、予防接種法に基づく救済(医療費・障害年金等の給付)が受けられます。

新型コロナワクチンの接種についても、健康被害が生じた場合には、予防接種法に基づく救済を受けることができます。

予防接種健康被害救済制度(厚生労働省ホームページ)<外部リンク>

11 詐欺に注意してください

ワクチン接種は、無料です。

金銭を求めることはありません。不審な電話・メールがあったときは一人で悩まず、「かすや中南部広域消費生活センター」または、「新型コロナワクチン詐欺・消費者ホットライン」に電話でご相談ください。

かすや中南部広域消費生活センター (電話 : 092-936-1594   Fax : 092-936-1610)

新型コロナワクチン詐欺 消費者ホットライン (電話 : 0120-797-188)

12 国が提供する情報はこちらから

首相官邸ホームページ<外部リンク>

厚生労働省ホームページ<外部リンク>

妊婦の方の接種について [PDFファイル/828KB]

12~15歳の接種について [PDFファイル/1.19MB]

厚生労働省「新型コロナワクチンに関するQ&A」<外部リンク>

新型コロナワクチンについて皆さんに知ってほしいこと(首相官邸より) [PDFファイル/MB]

ファイザー社のワクチンを接種予定の方へ [PDFファイル/1.84MB]


Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)