ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ組織で探す税務課町税等に関する証明・閲覧

町税等に関する証明・閲覧

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年12月20日更新

 税務課では、所得(課税・非課税)証明書、納税証明書、評価証明書、公課証明書、地籍図閲覧、地籍簿閲覧など、
 町税等に関する証明の発行、閲覧を行っています。

 町税等に関する証明(閲覧)申請書 [PDFファイル/62KB]

 【申請書の書き方

 【発行・閲覧できる証明書類等一覧および手数料

 

本人による申請に必要なもの

 印鑑または本人であることを確認できる身分証明書(運転免許証・パスポート・健康保険証などの公的証明書)

 ただし、軽自動車の車検用納税証明書、地籍図閲覧、地籍簿閲覧はどなたでも請求できますので、
 特に必要なものはありません。

 

代理人による申請に必要なもの

 本人に代わって代理人が申請する場合は、委任状など代理人であることを確認できる書類が必要です。

 1.代理人の印鑑または代理人本人であることを確認できる身分証明書
   (運転免許証・パスポート・健康保険証などの公的証明書)
 2.委任者本人が記入、押印した委任状(※必要事項を記入した便せん等でも可)

    委任状 [PDFファイル/65KB]

  必要事項   ●納税義務者または所有者の住所、氏名、生年月日、電話番号、押印
           ●必要な証明書の年度と種類および必要な枚数
           ●代理人の住所、氏名、生年月日、電話番号

 

郵便による請求に必要なもの

 郵送でも証明書の交付請求を受け付けています。なお、電話やファックスでは、証明書の交付請求はできません。

 1.町税等に関する証明(閲覧)申請書 [PDFファイル/62KB](※必要事項を記入した便せん等でも可)

   必要事項   ●納税義務者または所有者の住所、氏名、生年月日、電話番号、押印
            ●必要な証明書の年度と種類および必要な枚数

 2.手数料 (手数料一覧はこちら

   手数料は定額小為替(ゆうちょ銀行で取り扱っています。)を同封してください。

 3.返信先の住所、宛名が記入されている返信用封筒(切手を必ず貼ってください)

ご注意下さい!

 郵送による請求の場合でも、本人に代わって代理人が申請する場合には委任状が必要です。
 特に二人分を一度の申請で請求される場合には、返信用の封筒を二人分それぞれ同封していただくか、
 申請人のうち一名が他方を受取人とする旨を申請書に明記して下さい。


例)AさんBさんが同じ封筒に申請書を入れて申請する場合で、
  Bさんの分の証明書をAさんの返信用の封筒に入れて返信してもらう場合

1.申請書をAさんBさんそれぞれ記入する
  このときBさんの申請書に「証明書の受け取りをAさんに委任する」と記入し、
  Aさんの住所・氏名を記入する。

2.手数料は証明書の必要枚数分同封する。

3.Aさんの住所、氏名を記入した封筒を同封する。(切手を必ず貼ってください)

所得(課税・非課税)証明書を請求される方へ

 必要な年度、年分を再度ご確認ください

 所得(課税・非課税)証明書は
 平成 A 年分 (平成 A 年 1 月 1 日 ~ 平成 A 年 12 月 31 日の収入内容)について
 平成 A+1 年度 という表記をしますので、証明書を請求される際は請求年(年度)を再度ご確認ください。
 
(例)
 平成26年1月1日~平成26年12月31日 の収入内容の請求をする場合
 平成27年度(平成26年分) と記載ください。

 【所得等に関する証明】
1.所得(課税・非課税)証明   平成 27 年度 (平成 26 年分)     通

証明書が発行できない場合があります

課税資料(給与支払報告書、申告書等)の提出がない場合や、
宇美町で課税を行っていない場合は、所得(課税・非課税)証明書の発行ができない場合があります。
特に、証明書請求年に収入がなかった場合や、転入、転出をされた場合などは注意が必要です。
事前のお問い合わせをお願いいたします。


Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)