ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ組織で探す総務課情報連携を行う独自利用事務について

情報連携を行う独自利用事務について

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年12月20日更新

独自利用に係る届出書とは

マイナンバーの利用は、法定利用分以外にもその自治体の条例に規定することで、利用(独自利用)することが可能になります。
※「行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律」第9条第2項。
※「独自利用事務」とは、法定利用事務と一体的に実施されるなどの理由で、マイナンバーを利用しないと窓口での手続きが煩雑になるなど、町民サービスの低下や事務処理に支障をきたす事務など。 

 

独自利用に係る届出書の公表

条例に定めて町独自利用としてマイナンバーを利用する事務は、あらかじめ個人情報保護委員会に届け出たうえ、併せて公表することが求められていますので、下記のとおり独自利用に係る届出書を公表します。
なお、今後の検討により独自利用する事務等に変更があった場合は、届出書を随時公表します。

宇美町が情報連携を行う独自利用事務一覧

事務名担当課届出書
子どもの医療費助成に関する事務住民課届出書 [PDFファイル/54KB]
ひとり親等の医療費助成に関する事務住民課届出書 [PDFファイル/56KB]
重度心身障害者等の医療費助成に関する事務住民課届出書 [PDFファイル/61KB]

 


Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)